2010.06.27

レシピNO.13 <カリフラワーのカルボナーラ風>

こんにちは!!ヨウコです。 

私が担当する調理コーナーでは、北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理を紹介します!

さて、第13回目の食材は・・・・今が旬の【カリフラワー】!!!

この食材を使って、「カリフラワーのカルボナーラ風」を作ります!

 

今回、レシピを教えて頂く方のは、野菜ソムリエの金澤敬子さんです☆

先生に習い、真剣に予習中です!!

 285.jpg

 

まずは、二人前の材料です!

 

366.jpg

カリフラワー     1/2個

タマネギ      1/4個

ベーコン      2枚

バター       10g

白ワイン      大さじ1

生クリーム     50cc

粉チーズ      大さじ2

卵黄         1個

塩・コショウ     適量

  

<調理開始!!>

1、カリフラワーを一口大に切り分けます。

 

221.jpg

 

 

そして、下茹で。

下茹でするときは、塩をひとつまみ入れて色よく茹でます。

 

225.jpg

 

下茹でしてからザルに移し替えて少し置く。そうすると、熱が芯まで通るそうです!

 

231.jpg

 

 

2、フライパンにバターを入れてから薄切りにしたタマネギを炒めて、

 

232.jpg

 

1cm幅に切ったベーコンも炒めます。

 

237.jpg

 

 

3、火が通ったら白ワインを入れアルコールを飛ばし、

  茹でたカリフラワーと生クリームを入れて。

 

242.jpg

 

粉チーズを加える!

 

247.jpg

 

4、全体が混ざったら火を止め、塩コショウで味を整える。

 

251.jpg

 

最後に卵黄を混ぜて、固まらないうちに器に盛る。

 

255.jpg

 

ササッと手早く混ぜるがポイントです!クリーミーなカルボナーラを作って☆

 

256.jpg

 

5、コショウをたっぷりかけて出来上がり。

 

261.jpg

 

完成!! 良い香り!!

 

264.jpg 

 

では、早速カンパーーーイ!!

 

266.jpg

 

私達の笑顔をご覧いただければ、美味しさが分かるはず!?

 

では、早速頂きまーす!!

 

  506.jpg 

 

美味しい!

 

カリフラワーのサクッとした歯ごたえと、クリーミーなカルボナーラ最高です。

 

そして、なんといってもブラックペッパーがスーパードライを進ませてくれます!

 

コレはおつまみとしても、中にパスタを入れて主食としても良いですね。

 

また、この他にも『ロマネスコ』と言う、

 

カリフラワーの一種であるお野菜があります。

 

こちらは、ビタミンC、B1、B2が豊富で、

 

食物繊維はキャベツより多い優秀な野菜なんだそうですよ!

 

最近はスーパーなどでよく見かけるお野菜ですので、

 

こちらでカルボナーラを作ってみるのも、金澤さんお勧めされていました。

 

色も黄緑や紫っぽいモノなど見た目も綺麗で、特に女性にお勧めだとか。

 

私は写真でしか見た事無いのですが、確かに華やかなお野菜♪

 

買ってみよ。

 

金澤さん、ありがとうございました!!

 

280.jpg

 

今日ご紹介したレシピはコチラ→ 6.27recipe.pdf

野菜 料理レシピ

2010.06.27

今週は「カリフラワー」をご紹介

“北のうまいを伝える”アサヒスーパードライ、ノース•ガーデン!

今週の食材は「カリフラワー」をご紹介!

のみやまファームの「野見山 朋秀」さんにカリフラワーについてお伺いしました。

 

s-6.27.jpg

 

この後はヨウコがこの【カリフラワー】を使ってのお料理をレポートします!

今週のうまい食材

2010.06.20

レシピNO.12 <なんぷエゾカツカレー>

こんにちは!!ヨウコです。

私が担当する調理コーナーでは、北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理を紹介します!

さて、第11回目の食材は・・・・【シカ肉】!!!

この食材を使って、「なんぷエゾカツカレー」を作ります!

‘なんぷ’と言うのは、南富良野の愛称なんですって!

さ、今回、レシピを教えて頂く方のは、エゾカツカレー推進協議会 会長でいらっしゃる、

川村 勝彦さんです★ ダンディーです☆

DSCF4234.jpg

 では、二人分の材料です!

 DSCF4244.jpg

 

(エゾカツ)

エゾシカ肉・・・・・  140g

ちなみに、エゾシカ肉です。

見た目はレバーのように赤いです。

DSCF4232.jpg

 

小麦粉・・・・・・・  適量

パン粉・・・・・・・  適量

卵・・・・・・・・・  1個

サラダオイル・・・・  適量

塩・こしょう・・・・  少々

 

 (カレールウ)

市販のカレールウ・・  2人前分

 

 (トッピング)

パプリカ・・・・・・  1/3個

アスパラ・・・・・・  1本

ジャガイモ・・・・・  小玉1個

なければ時期の野菜を使用してもOKです!

 

 

♪早速調理に移ります♪

 

 

シカ肉は筋を切って、

 肉たたきで5mm程度の厚さにのばして下さい。

 シッカリと薄くすると、揚げ上がりが違うんですよ!

 

DSCF4250.jpg

 

塩こしょうを振る。

 

 DSCF4254.jpg

 

小麦粉を付けてから、

 

DSCF4258.jpg

 

ボウルにとき卵と小麦粉を加えたものにシカ肉をくぐらせて、

 

DSCF4260.jpg

 

パン粉を付けます。

 

 DSCF4261.jpg

 

フライパンにサラダオイルを適量入れ熱し、

 エゾカツを加えて油をかけながらゆっくりと揚げる。

 温度は180度くらい。

 

DSCF4269.jpg

 

DSCF4272.jpg

 

エゾカツを揚げた油で野菜を素揚げします。

少し香ばしくなる程度

 

DSCF4279.jpg

 

エゾカツを、食べやすい大きさにカットします。

 

DSCF4284.jpg

 

上にかけるカレーは市販のものでOK!

ご家庭それぞれの味付けで良いそうです。

 

DSCF4240.jpg

 

カレー皿にごはんを盛り、カットしたエゾカツと。

 

DSCF4288.jpg

カレーソースをかけて出来あがり。  

エックスのように置かれているカボチャは、

鹿の角をイメージされているそうですよ!

DSCF4296.jpg

完成!!カレーは皆のアイドルです♪

富良野の恵みがいっぱい! 

DSCF4297.jpg

めちゃくちゃ嬉しそうにプシュッと開けちゃいました(笑) 

かんぱーーい!!

DSCF4301.jpg

エゾシカのカツカレー、すっごく柔らかいんです!

シカ肉を薄く叩いたので、揚げ上がりのサクサク感も楽しめます。

きっと、エゾシカ肉を召し上がった事が無い方は、

「生臭い!硬そう!」などと思われるかも知れませんが、

実は高タンパク&低カロリーでヘルシーですし、

鉄分まで含まれていますので、女性には嬉しく美味しいお肉なんです。

シッカリと下処理をしていれば、全く臭みを感じません!!

また、南富良野では、「エゾカツカレー」を1つのブランドとするため、

エゾカツカレー推進協議会の方々が試行錯誤して誕生したのです。

何度も何度も失敗を重ねたそうですよ。

しかし、今では観光客の方が、

これを目当てにいらっしゃるくらいの人気メニューなんだそう!

食べて納得の美味しさです☆

川村さんは、

「カレーのルーをおつまみに、スーパードライを飲むのも美味しいですよ!」

と教えて下さいました。

確かに…ピリッとスパイシーなお味と合うかもしれません。

是非、皆様、お試しを☆

川村さん、ありがとうございました!

 

DSCF4307.jpg

 

今日ご紹介したレシピはコチラ→  0620なんぷエゾカツカレー.pdf

野菜 料理レシピ

2010.06.20

今週は【鹿肉】をご紹介!

“北のうまいを伝える”アサヒスーパードライ、ノース•ガーデン!

今週の食材は「鹿肉」をご紹介!

南富良野町商工会の「鶴谷大輔」さんに鹿肉についてお伺いしました。

s-DSCF4311.jpg

この後はヨウコがこの【鹿肉】を使ってのお料理をレポートします!

今週のうまい食材

2010.06.13

レシピNO.11 <ヒメマスのハーブ焼き ガーリックバターソース>

こんにちは!!ヨウコです。

私が担当する調理コーナーでは、北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理を紹介します!

さて、第11回目の食材は・・・・【ヒメマス】!!!

この食材を使って、「ヒメマスのハーブ焼き ガーリックバターソース」を作ります!

今回、レシピを教えて頂く方のは、ホテル ポールスター札幌 洋食担当 

野菜ソムリエの岩松 宏之先生です★

DSCF4149.jpg

では、材料 二人分の紹介です!

DSCF4145.jpg

  DSCF4146.jpg

(ムニエル)

ヒメマス・・・・・・・・・・・・2本

小麦粉・・・・・・・・・・・・・適量

ソテー用バター・・・・・・・・・10g

サラダオイル・・・・・・・・・・大さじ2

白ワイン・・・・・・・・・・・・大さじ2

塩・コショウ・・・・・・・・・・少々

ハーブ・・・・・・・・・・適量

(タイム・ローズマリーなどお好みのハーブ)

 

(ソース)

ニンニクすりおろし・・・・・・・小さじ1/2

バター・・・・・・・・・・・・・50g

醤油・・・・・・・・・・・・・・大さじ1

 

(トッピング)

レモンスライス・・・・・・・・・2枚

パセリのみじん切り・・・・・・・適量

 

 

早速調理スタート!!

 

ヒメマス内臓を取りハーブを詰め、

火の通りを良くするため切れ目を入れます。

ハーブは臭みを取る効果もありますし、何より香りが数段良くなります!

 

DSCF4151.jpg

      ヒメマスに塩・コショウをして

DSCF4154.jpg

小麦粉をまぶす! 

DSCF4160.jpg

ムニエルのポイントは、

小麦粉をまぶすとき余分な粉をしっかりと振い落し、

粉を付けたらすぐに焼き始めること! 

サラダオイルとバターでソテーして下さい。 

DSCF4170.jpg

ソテーしている間は、フライパンを滑らかに回すようにします。

そうすると、焦げづらく、むらなく焼く事が出来ます。

DSCF4172.jpg

焼き上がりに白ワインを入れます。

バターを使って皮目をこんがり焼き上げてから

白ワインの風味をプラスすることで魚の生臭さを消すことが出来ますよ!

 DSCF4188.jpg

     ソテーしながら同時に、 ソースを作ります。

DSCF4178.jpg

バターとニンニクのすりおろしをフライパンで焦がします。

DSCF4176.jpg

大きい泡が…

DSCF4180.jpg

小さくなったら・・・お醤油を入れます。

DSCF4182.jpg

お醤油と混ぜ合わせたら、すぐ器に移し替えて下さい!

ここの手早さがポイントです! 

ソースを作るときのバターはあまり焦がし過ぎないように!

DSCF4184.jpg 

焼き上がったヒメマスをお皿に盛り付けて。 

DSCF4210.jpg 

あらかじめ切った、レモンスライス・パセリのみじん切りをのせて!

DSCF4195.jpg

完成!! 

DSCF4220.jpg

乾杯でーす☆

DSCF4229.jpg

冷えていて美味しい!

スーパードライの美味しい季節がやってきました!

そして、今回作って頂きました、

ヒメマスのハーブ焼き ガーリックバターソースと頂きまーす! 

DSCF4225.jpg

ヒメマスは川魚なんですけど、臭みも無く柔らかくて食べやすいんですね!

ハーブを使った事で、とっても上品な味わいです。

また、このソースが美味しいんですよー!

材料は、バター、ニンニク、お醤油だけなんですが、

お肉やサラダのドレッシングとしても何でも使えそう!

コレは良い事聞いちゃいました。

やはりプロの方に聞くと、

ちょっとした一手間で美味しさUPの方法を教えて頂けるので、有難いですね!

下の私の顔は、素で美味しさを噛みしめている図です。

先生、ありがとうございました!

DSCF4228.jpg

 今日ご紹介したレシピはコチラ→ 0613ヒメマスのハーブ焼きガーリックバターソース.pdf 

野菜 料理レシピ

ページトップへ