2010.10.30

NO.31<旭川餃子>

こんにちは!!ヨウコです。

 

私が担当する調理コーナーでは、北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理を紹介します!

さて、第31回目の食材は・・・・【彦一にんにく】と【大雪さんろく笹豚】!!!

 

この食材を使って、「旭川餃子」を作ります!

今回、レシピを教えて頂く方のは、「餃子のポン」初代店長 北の笑顔 特攻隊長

プリコ株式会社 長岡さんです★

 s-CIMG1435.jpg

<では、二人分の材料です>

 

s-CIMG1430.jpg

 

s-CIMG1431.jpg

 

 

「具の材料」

 

さんろく笹豚

ニラ

キャベツ 

椎茸

 

「調味料」

 

醤油

コショウ

ごま油

ニンニク

中華スープ

 

 

■作り方 

 

①A(キャベツ・ニラ・しいたけ)をミジン切りにする!

 

s-CIMG1440.jpg

s-CIMG1442.jpg 

s-CIMG1439.jpg

②豚肉はひき肉にして、醤油・塩・ごま油・おろしニンニク

だしスープ・おろし生姜・コショウ・全卵を加えて粘りが出るまで混ぜる。

s-CIMG1445.jpg

③ひき肉にAを加え、ざっくりと混ぜ合わせ、一晩冷蔵庫で寝かせる。

(今回は、長岡さんが一晩寝かせたものを用意していただきました!)

 

④餡を皮で包んでいきます!

ピンポン玉より小さめの量を、包みやすく横長においてください。

s-CIMG1449.jpg

米粉の皮のふちに水を塗ります。

s-CIMG1452.jpg

ひだを作るように折りたたみながら、皮と皮を合わせて行きます。

s-CIMG1455.jpg

出来ました!綺麗!!

ふっくら美味しそうですねー。

s-CIMG1460.jpg

私も挑戦です!!

s-CIMG1464.jpg

完成!

ワンタンみたいに小さい餃子完成★笑)

s-CIMG1467.jpg

餃子の形は個性が出るので、ご家族揃って作られると楽しいかも!!

s-CIMG1468.jpg

⑤フライパンで包んだ餃子を焼きます!

ごま油を少量ひいてから、

s-CIMG1473.jpg

キッチンペーパーで伸ばします。

油は薄く引いた方が、餃子がベチョベチョになりません。

s-CIMG1474.jpg

焼くときのポイントは、少し隙間を作りながら縦に並べること!

s-CIMG1480.jpg

お水を餃子が隠れる3分の1くらいまでタップリ入れる。

s-CIMG1489.jpg

蒸し蓋をする。だいたい5~6分ほど。

s-CIMG1492.jpg

焼き上がった餃子に、ごま油を掛けます。

s-CIMG1495.jpg

カリッとした焼き加減で完成です!

s-CIMG1498.jpg

盛り付けました!

s-CIMG1505.jpg 

乾杯!

調理中からスーパードライが恋しかったぁ!

s-CIMG1517.jpg

喉にひんやり美味しいですね!

早速、頂きまーす!!

 s-CIMG1526.jpg

おいしー!!スーパードライが進みますね!

タレを付けずに頂たのですが、肉汁タップリで本当に病み付きです!

旭川は大雪山がありますので、お水が良い!

ということで、食べるもの何でも美味しい!

大雪の美味しい水で育った、彦一にんにくと大雪さんろく笹豚を使いましたもの、

そりゃー美味しいに決まってる。

米粉の皮のモッチリ感も食をそそります。

そして、長岡さんが「美味しくなーれ。おいしくなーれ!」と、

魔法を掛けてくれたので、美味しさアップですよね★

ぜひ、旭川にあります『餃子のポン』で本物の旭川餃子召し上がって下さい!

 

今週のレシピはコチラ⇒ recipe[10.31].pdf

野菜 料理レシピ

2010.10.28

今週は「彦一にんにく」と「大雪さんろく笹豚」をご紹介

“北の大地のうまいを伝える”アサヒスーパードライ、ノース•ガーデン!

今週の食材は「ヤーコン」をご紹介!

今日はプリコ株式会社 代表取締役社長 田澤尚英 (たざわなおひで)さんにお話を伺いました!

 

 

s-CIMG1627.jpg

 

通販サイトopen♪

http://www.prico.net

 

今週のうまい食材

2010.10.24

NO.30<ヤーコンのピリ辛きんぴら>

こんにちは!ヨウコです。

 

私が担当する調理コーナーでは、北の大地で育った美味しい食材を使って、

 

ASAHI SUPER DRYに合うお料理を紹介します!

 

さて、第30回目の食材は・・・・【ヤーコン】!!!

 

この食材を使って、「ヤーコンのピリ辛きんぴら」を作ります!

 

レシピを教えて頂く方のは、フードコーディネーターの谷口由美さんです。

 

■材料(2人分)

 

ヤーコン························· 1/2個

ベーコン························· 2枚(40g程度)

たかの爪························· 1本

サラダ油························· 少々

A  酒························· 小さじ2

しょう油····················· 小さじ2

一味唐辛子、白ごま··············· 各少々

 

                

s-CIMG0921.jpg

 

 

 

<早速調理スタート!!>

 

1.       ヤーコンの皮を剥いていきます。

 

皮を厚めにむくのがポイント。皮の近くは繊維が硬いです!

 

 

 

 

皮を剥いていくと、白っぽく透明なヤーコンが!

 

s-CIMG0933.jpg

 

それをマッチ棒ほどの角切りにします。

 

s-CIMG0938.jpg  

       

 アクが強いので切ったら、水に良くさらします。

 

 

s-CIMG0953.jpg

 

2.       ベーコンはヤーコンの大きさに合わせて切る。

 

s-CIMG0944.jpg

 

3.       フライパンにサラダ油、種をとったたかの爪を入れ、

 

s-CIMG0949.jpg

 

火にかけ温まったらベーコンを加え炒める。

 

s-CIMG0952.jpg

4.       ③にヤーコンを加え炒め、s-CIMG0955.jpg

Aの調味料を加えて汁気が無くなるまで炒める。

 

s-CIMG0959.jpg

 

5.       ④を器に盛り、一味唐辛子、白ゴマを散らす

 

 s-CIMG0967.jpg

 

かんぱーい!

 

キリッとした飲み味がたまませんねー★ 

 

s-CIMG0919.jpg

 

では、さっそく頂きます! 

s-CIMG0977.jpg

食感サクサク!

調味料は最小限しか使っていませんが、ヤーコン本来の甘みで充分美味しいです!

スーパードライの美味しさを引き立ててくれます。

しかもヤーコンは、オリゴ糖、食物繊維たっぷりですので、

ダイエットにも最適ですよ!

番組中、生でもヤーコンを食べさせていただいたんですが、

食感といいなしのような甘さといい、生のままサラダとして食べてもバッチリ!

火を通してももちろんOKです。

 

その際は、食感を残すために短時間で火を入れましょう。

 

炒め物でも美味しくいただけます。

 

新鮮なヤーコンをお好きな調理法でお楽しみ下さいまし!

 

谷口さん、ありがとうございました。


今週のレシピはコチラ→NG レシピ(10.24).pdf

 

野菜 料理レシピ

2010.10.21

今週は「ヤーコン」をご紹介

“北の大地のうまいを伝える”アサヒスーパードライ、ノース•ガーデン!

今週の食材は「ヤーコン」をご紹介!

今日は帯広市「小畑農園」の「小畑 拓」さんにお話を伺いました!



「ますやパン 麦音<MUGIOTO>」(帯広市稲田町南8線西16-43) ☎0155-67-4659


今週のうまい食材

2010.10.17

NO.29<新ジャガとあさり貝のアーリオ・オーリオ>

 こんにちは!!ヨウコです。

 

私が担当する調理コーナーでは、北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理を紹介します!

さて、第29回目の食材は・・・・【にんにく】!!!

 

s-CIMG0609.jpg 

 

この食材を使って、「新ジャガとあさり貝のアーリオ・オーリオ」を作ります!

今回、レシピを教えて頂く方のは、ホテル ポールスター札幌 洋食担当 

野菜ソムリエの岩松 宏之先生です★

s-CIMG0615.jpg 

<では、二人分の材料です>

 

 

s-CIMG0608.jpg

 

 

■材料(2人分)

新ジャガ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200g

あさり貝・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12個

ニンニクのスライス・・・・・・・・・・・・・・・・・・2片

万能ネギの小口切り・・・・・・・・・・・・・・・・・適量

赤唐辛子の小口切り・・・・・・・・・・・・・・・・・少々

オリーブオイル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2

酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1

塩・コショウ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々

 

 

■作り方 

①じゃがいもを少し大きめに乱切りにして粉吹き芋のように茹でます。

 

この時に使うじゃがいもは、メークイン系の粘りのある物より、

 

男爵系の粘りの少ないじゃがいもの方が相性いいそうです。

 

s-CIMG0623.jpg 

 

②フライパンにニンニク、唐辛子、オリーブオイルを入れ、

ニンニクの香りが出るまで弱火で炒める。

 

ここでニンニクと唐辛子を焦がさないように「弱火でじっくり」がポイント!

 

s-CIMG0628.jpg 

 

香りが出たらあさり貝と酒を入れる。

 

s-CIMG0637.jpg

 

そして、蓋をしてあさり貝に火を入ます。s-CIMG0638.jpg

③あさり貝が開いたら、

 

s-CIMG0642.jpg

 

 

茹でたじゃがいもを入れて混ぜ合わせ、s-CIMG0647.jpg

 

塩・コショウで味を調える。

 

 s-CIMG0645.jpg

 

④器に盛り付け、万能ネギをのせ完成。

 

s-CIMG0654.jpg

 

早速、かんぱーい!!

 

とにかく美味しいスーパードライ!!

 

先生もニンマリしちゃっています♪

 

s-CIMG0670.jpg

 

いただきまーす!!

 

s-CIMG0668.jpg

 

にんにくって、なんと食をそそるんでしょうか!!

 

スーパードライと一緒に食べれば、更に美味しさも倍増です。

 

これにパスタを混ぜて具沢山パスタも楽しみたいぐらい!

 

しかも、このニンニクは通常のニンニクより臭みがなく、

 

沢山食べても後に臭みが残りません。

 

次の日にお仕事だと、食べる量考えちゃいますよね。

 

でも、これだと問題ナシ!!

 

スタミナつけちゃいましょう★

 

今日も、岩松先生ありがとうございました!!


今週のレシピはコチラ→NGレシピ(10:17).pdf


野菜 料理レシピ

ページトップへ