2011.08.26

「ミニトマト」と「イワシ」の香草焼き

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!

第63回目の食材は「長沼町」の「ミニトマト」です。

 

 


tomato0828.jpg 

  

 

「ミニトマト」を使って「ミニトマト」と「イワシ」の香草焼きをお料理して頂きました!

レシピを教えていただくのは「野菜ソムリエ」の「金澤敬子」さんです。

 

The Life Stock 062.jpg  

 

ミニトマトとイワシの香草焼き


■材料(2人分)
  いわし      4尾            粉チーズ     小さじ1
  ミニトマト    8個            塩        適量
  パン粉      大さじ4          コショウ     適量
  にんにく     1片            タイム      1枝
  パセリ      1枝(20g程度)     オリーブオイル  大さじ2
  
■作り方 
1、いわしは頭を落として腹わたを除き3枚におろす(苦手な人はスーパーでやってもらいましょう)。塩を振って10分置き、キッチンペーパーで水分をよくふき取り塩コショウをする。
2、タイムとパセリ・にんにくをみじん切りにし、パン粉・粉チーズと混ぜ合わせ1にまんべんなくまぶし、ミニトマトに巻きつけ楊枝などで留める。
3、フライパンにオリーブオイルを熱し、2をこんがりと焼く。
  ※耐熱皿に2を敷き詰めて200℃のオーブンで20分ほど焼いても素敵な一品になりますよ。
  ※いわし以外にもアジやサンマで作っても美味しいですよ。

The Life Stock 049.jpg 

 

 

■ポイント
・ トマトとじゃがいもは同じナス科で、原産地も中南米と南米で共通点がある野菜です。じゃがいもにも実が着きますが、赤くなる前のミニトマトによく似ています。
・ トマトの赤色は「リコピン」という機能性成分で、抗酸化作用が強いという事が分かっています。またビタミンCも多くその他のビタミンやミネラルもバランスよく含まれています。ヨーロッパでは「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざもあるほどで、毎日食べたい野菜のひとつです。
・ ミニトマトは20年ほど前から急速に普及しはじめ、現在では普通のトマトの10%ほどのシェアを占めています。包丁を使わずに食べられる手軽さが受けたのでしょうね。

 

 

今週のレシピはこちら→ 【20110828】.pdf

野菜 料理レシピ

2011.08.26

今週は「ミニトマト」をご紹介

北の大地のうまいを伝える”アサヒスーパードライ、ノース•ガーデン!
今週、注目した北の食材は「ミニトマト」
そこで今日は「ミニトマト」のスペシャリスト
長沼町「ファーム弦」の谷哲也さんにお話を伺いました。

The Life Stock 035.jpg

 

 

 

今週のうまい食材

2011.08.19

きゅうりの甘辛生姜味噌炒め

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!

第62回目の食材は「由仁町」の「きゅうり」です。

 


 

kyuri821.jpeg 

「きゅうり」を使って「きゅりの甘辛生姜味噌炒め」をお料理して頂きました!

レシピを教えていただくのは「料理研究家」の「こばやん」こと

「小林雄樹」さんです!

 

kanpai.821.jpeg

 

■材料(2人分)

きゅうり   3本

合挽肉    100g

長ネギ   1本

おろししょうが   大さじ2

ごま油   大さじ2

白味噌    30g

砂糖   30g

酒   50㏄

白ごま   大さじ2

豆板醤  小さじ1/2

 

作り方

1、   フライパンにごま油をひき、長ネギとおろししょうがを弱火で炒め、香りが出たら中火にし合挽肉を加え炒める。

2、   ひき肉に色がついたらAの調味料を加え、全体を炒め全体にとろみが出てきたら、千切りにしたきゅうりを加えサッと炒める。

3、   器に盛り付けて完成です。

 

 

 

kansei8212.jpeg  

 

ポイント

きゅうりは使う前に塩もみして、さっと水洗いし水気を絞っておくと水分が出て美味しく仕上がります。 

 

今週のレシピはこちら→ きゅうりの甘辛生姜味噌炒め.pdf

野菜 料理レシピ

2011.08.19

今週はきゅうりをご紹介

北の大地のうまいを伝える”アサヒスーパードライ、ノース•ガーデン!
今週、注目した北の食材は「きゅうり」
そこで今日は「きゅうり」のスペシャリスト
由仁町「ふれあい体験農園みたむら」の三田村雅人さんにお話を伺いました。

SEISANNSYA821.jpg

 

今週のうまい食材

2011.08.14

ラム肉と茄子のソテー おろしポン酢イタアリアン

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!

第61回目の食材は「士別市」の「サフォーク」です。

 


写真 11-08-11 8 54 31.jpeg

 

「サフォーク」を使って「ラム肉と茄子のソテー おろしポン酢イタアリアン」をお料理して頂きました!

レシピを教えていただくのは「ホテルポールスター札幌洋食部門 副支配人」の

「岩松宏之」さんです!

!cid_410BBA98-E1DE-402B-8F58-B9F8F304FE51.jpg

材料(2人分)

 

ラム肉・・・・・・・・・・・・・・120g

茄子・・・・・・・・・・・・・・・60g

塩・コショウ・・・・・・・・・・・少々

サラダオイル・・・・・・・・・・・適量

(ソース)

ポン酢・・・・・・・・・・・・・・大さじ2

大根おろし・・・・・・・・・・・・大さじ2

トマト角切り・・・・・・・・・・・大さじ2

(皮をむき、種を取ったもの)

オリーブオイル・・・・・・・・・・大さじ2

バジルのみじん切り・・・・・・・・小さじ1

ブラックペッパー・・・・・・・・・少々

 

 

作り方

①     ラム肉に塩、コショウをしてフライパンでソテーします。

②     茄子は皮をむきたて半分に切り多めのサラダオイルでソテーします。

③     ソースの材料を全て混ぜ合わせて、器にラムと茄子のソテーを

盛り付けソースをかけ完成。

 

 

 

!cid_462FCB16-D717-4060-8C23-BD319969F519.jpg

 

ポイント

ラム肉は、あまり火を通し過ぎないようにしましょう。

ラム肉の脂は、冷めると固まってしまうので食べるタイミングを見はからって焼き上げましょう。

 

 

今週のレシピはこちら→ 【20110814】放送分レシピラ`Fy-1.pdf

 

 

野菜 料理レシピ

ページトップへ