2012.01.27

牛肉のロースト 味噌ソース

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!第84回目の食材は「牛肉」です。


今日は「根張星のふわふわとろろ焼き」をお料理して頂きました!

料理を教えていただくのは「ホテルポールスター札幌 洋食部門 副支配人」の
「岩松宏之」さんです。

20120129 (2).jpg

■材料(2人分)
牛肉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・160g
塩・コショウ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
サラダオイル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適量

ソース
味噌・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ2
青シソみじん切り・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2枚
ニンニクすりおろし・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
オリーブオイル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
ブイヨン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
ブラックペッパー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
ガーリックチップ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々


■作り方 
①牛肉に塩、コショウをしてフライパンで焼き色をつけます。
②①を約90度のオーブンで低温調理します、中心に金の串などを刺して中心部分が熱くない程度に火が通ったら焼き上がりです。
③ガーリックチップを砕いて、ソースの材料を全て混ぜ合わせてソースを仕上げ、焼き上がった①をスライスして皿に盛り付けソースをかけ完成。


■ポイント
  牛肉は、低温調理することで肉全体をミディアムに焼き上げることが出来ます。

20120129 (1).jpg

今週のレシピはコチラ→【20120124】.pdf

野菜 料理レシピ

2012.01.27

今週は牛肉をご紹介

北の大地のうまいを伝える”アサヒスーパードライ、ノース•ガーデン!
今週、注目した北の食材は「牛肉」をご紹介。
今日は「牛肉」のスペシャリスト

襟裳町にある「高橋牧場」の高橋祐之さんにお話を伺いました。


今週のうまい食材

2012.01.20

根張星のふわふわとろろ焼き

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!第83回目の食材は「ヤマノイモ」です。

201201粘張星 004.jpg
今日は「根張星のふわふわとろろ焼き」をお料理して頂きました!

料理を教えていただくのは「野菜ソムリエ」の「金沢敬子」さんです。

201233粘張星.jpg

■材料(2人分)
根張星250g バター30g ベーコン2枚 大葉10枚 醤油適量

■作り方
1、根張星は皮をむきすりおろす。ベーコンは1cm幅に切り、大葉は千切りにする。
2、フライパンまたはホットプレートにバターを熱して根張星を一口大に丸く広げ、
  上にベーコンを乗せて焼く。片面が焼けたらひっくり返してもう片面もこんがり焼く。
3、器に盛って大葉を乗せ、醤油をかけていただく。

■ポイント

・根張星は長芋と大和芋の交配から生まれました。大和芋の甘さや粘りを、
   長芋の手軽さを受け継いだ新しい山の芋です。
・すりおろしてもアクが少ないので真っ白なままなのもウレシイ特徴。とろろが余ったら
 そのまま冷凍も出来ます。
・とろろ鍋やかき揚げもおススメです(でもまずはとろろかけご飯!お試しください!)
・今回のレシピのようにつなぎに小麦粉を入れなくても手軽にお好み焼き風にも
   アレンジが出来るので小麦アレルギーの方にも楽しんでいただけます。

201201粘張星 006.jpg

今週のレシピはコチラ→【20120117】.pdf

野菜 料理レシピ

2012.01.20

今週は「ヤマノイモ」をご紹介

北の大地のうまいを伝える”アサヒスーパードライ、ノース•ガーデン!
今週、注目した北の食材は「ヤマノイモ」をご紹介。
今日は「ヤマノイモ」のスペシャリスト

十勝池田町にある「JA十勝池田町」の楜澤達也さんにお話を伺いました。

201201粘張星 012.jpg

今週のうまい食材

2012.01.15

ゴーダチーズとドライトマトのケークサレ

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!第82回目の食材は「ねぎ」です。

20120110チーズ 006.jpg

今日は「ゴーダチーズとドライトマトのケークサレ」をお料理して頂きました!

料理を教えていただくのは「The Life Stock」の料理長「寺澤秀樹」さんです。

20120110チーズ 007.jpg



■材料(4人分)
小麦粉                100g
ベーキングパウダー             小1
卵                     2個
牛乳                 100ml
オリーブオイル            50ml
ゴーダチーズ(ブロック)         100g
ベーコン               50g
ドライトマトオイル漬け          3個分
塩                  少々
コショウ               少々
粉チーズ               30g

■作り方 
①粉類は合わせてふるっておく。オーブンを180℃に温める。
②ゴーダチーズ、ベーコン、ドライトマトは7mmくらいの角切りにする。
③ボウルに卵を割り入れ、牛乳、オリーブオイル、粉チーズを加え混ぜ合わせる。
④③に②に材料を加え、塩コショウし、混ぜ合わせる。
⑤①のふるった粉を加え、さっくり混ぜ合わせる。
⑥用意したパウンド型に流し入れ、空気抜きをする。
⑦温めておいた180℃のオーブンで40分くらい焼き上げる。
※オーブンの機種によって時間が変わるので、調節してください。



20120110チーズ 004.jpg

■ポイント
塩ケーキの由来は、はっきりした定説はありません。どこの家庭にもある、あり合せの素材を組み合わせて作られたチーズを使ったパウンドケーキ型のケーキです。フランスの家庭ならどこの家でも作られていたのでしょう。それは昔からお婆ちゃんやママの家庭料理として代々受け継がれてきたものだと思われます。

総菜パンをイメージしていただくとわかりやすいと思います。
チーズや野菜、ハムなどを具材としてよく作られています。朝食などの軽食として利用される方が多い。
具材を変えることで、お酒のつまみにもなるアレンジ自在の料理です。

今回は、熟成期間36カ月間長期熟成、米村牧場のゴーダタイプを使用。
芳醇な香りを持つこのチーズはそのまま食べてももちろん美味しいですが、ドライトマトと合わせました。
ドライトマトも独特の風味があり、芳醇なチーズを合わせることでさらに香りが引き立ちます。
冷たくしてもおいしく召し上がりいただけます。
「とりあえず」のおつまみにはもってこいです。

今週のレシピはコチラ→【20120110】.pdf

野菜 料理レシピ

ページトップへ