2012.03.31

きくらげのこりこりオムレツ

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!
第93回目の食材は「きくらげ」です
kikurage 008.jpg
今日は「きくらげのこりこりオムレツ」をお料理して頂きました!
料理を教えていただくのは料理研究家の小林雄樹さんです。
kikurage 007.jpg
■材料(2人分)

きくらげ  40~60g
豚ホルモン  50g
卵   4個
こしょう
サラダ油  大さじ1
塩  適量
こしょう 適量
おろしにんにく 小さじ1/2
ごま油   小さじ1

1、 きくらげは太めの短冊切り、ホルモンは食べやすい大きさに切る。
2、 ホルモンは塩、こしょう、おろしにんにく、ごま油で味付けする。
3、 フライパンでホルモンときくらげを中火で4~5分ほど炒め、一度取り出す。
4、 フライパンきれいに洗い、熱々に熱して、塩、こしょうで味付けした溶き卵を入れる。
5、 半分くらい火が通ったら、3のホルモンときくらげを加え、包み込むように卵で包み
        器に盛り付けて完成です。
kikurage 004.jpg

ポイント
ホルモンはややきつめの味付けにすると、卵で包んだ時にちょうど良い味付けになります。

・市販の味付きホルモンを使うときは、少しだけおろしにんにくと、ごま油で和えてあげると風味良く仕上がります。
・きくらげは一度炒めると色も食感も良くなるので、卵で包む前に炒めておく。
・オムレツが難しい場合は、スクランブルエッグのようにして、ホルモンときくらげとザッと混ぜるだけでも美味しく仕上がります。
・ホルモンのほかにも、豚肉や鶏肉でもきくらげと卵との相性が良いです。

今週のレシピはコチラ→【20120327】.pdf

野菜 料理レシピ

2012.03.31

今週は「きくらげ」をご紹介

北の大地のうまいを伝える”アサヒスーパードライ、ノース•ガーデン!
今週、注目した北の食材は「きくらげ」をご紹介。
今日は「きくらげ」のスペシャリスト

石狩市の株式会社 北海道きのこ生産総合研究所 
製造統括部長の浅川一雄さんにお話伺いました。

kikurage 005.jpg

今週のうまい食材

2012.03.23

バジルマヨポテト

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!
第92回目の食材は「ハーブ」です。
ベジラボ 013.jpg
今日は「バジルマヨポテト」をお料理して頂きました!
料理を教えていただくのは野菜ソムリエの「金澤敬子」さんです。
ベジラボ 024.jpg
■材料(2人分)
じゃがいも(品種はお好みで)中3個 鶏もも肉100g スィートバジルの葉12~13枚
にんにく1片 粉チーズ大さじ1 オリーブオイル大さじ1 マヨネーズ大さじ4 
塩コショウ適量


■作り方
1.じゃがいもは皮をむきひと口大に切る。鍋にじゃがいもとかぶる位の水を入れ
   竹串がすっと通るまでゆでる。バジルとにんにくは別々にみじん切りにする。
   鶏肉はひと口大に切る。
2.フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ弱火で熱し、
   続いて鶏肉を皮目からこんがりと焼く。
3.火を止めて2に熱々のじゃがいも、マヨネーズ、チーズ、塩コショウを加え
   味をととのえたら最後にバジルを加えてさっくりとまぜて出来上り。
ベジラボ 019.jpg

■ポイント
・スィートバジルはとっても爽やかな香りで食欲をそそりますね。ハーブの先生で野菜ソムリエでもある大澄先生によるとその他にも抗菌やリラックス効果があるそうですよ。ポット式のバジルを食べ切るまでの数日間キッチンに置いておくとお料理する時の気分も上々です。
・バジルは暖かい地域で育つ植物、保存も冷蔵庫には入れない方が長持ちしますよ。
・使い切れない時は、塩漬けにしたり、オリーブオイルに漬けたりすると便利です。


今週のレシピはコチラ→ 【20121320】.pdf

野菜 料理レシピ

2012.03.23

今週は「ハーブ」をご紹介

北の大地のうまいを伝える”アサヒスーパードライ、ノース•ガーデン!
今週、注目した北の食材は「ハーブ」をご紹介。
今日は「ハーブ」のスペシャリスト

栗山町のVegelavoの吉田知明さんにお話伺いました。
ベジラボ 020.jpg

今週のうまい食材

2012.03.17

ほうれん草の味噌クリームパスタ

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!
第91回目の食材は「ほうれん草」です。
hourensou (5)-001.jpg
今日は「ほうれん草の味噌クリームパスタ」をお料理して頂きました!
料理を教えていただくのは料理研究家の「小林雄樹」さんです。
hourensou (2)-001.jpg
■材料(2人分)
ほうれん草  1把
エリンギ(短冊切り)   小1本
合びき肉   30g
ペンネ  120g
生クリーム  200cc
白味噌  小さじ1
塩  こしょう

1、 ペンネは少し固めにゆでる
2、 フライパンに生クリーム、白味噌、合びき肉、エリンギを入れ、沸騰するまで中火にかける
3、 ペンネ、2センチ幅に切ったほうれん草を加え、ソースが固いようならパスタのゆで汁で調節する。
4、 塩、こしょうで調味し、完成です。

ポイント
ほうれん草は一度茹でてからではなく、直接パスタに入れることで栄養を逃がさずに取ることができます。今回はペンネを使用しましたが、普通のスパゲティに変えたり、合びき肉を鮭やホタテなどに変えても美味しくいただけます。
クリームソースのパスタは味噌だけでなく、キムチや豆板醤、黒味噌なども合うのでちょっとアレンジしたいときに隠し味に使ってみると料理のバリエーションが増えると思います。
hourensou-001.jpg

今週のレシピはコチラ→【20120313】.pdf

野菜 料理レシピ

ページトップへ