2012.04.27

完熟ながいものニョッキ

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!
第97回目の食材は「ながいも」です。
写真 12-04-24 9 20 53.jpg
料理を教えていただくのはシェフの寺澤英樹さんです。
アサヒ1.jpg
■材料(4人分)
長いも               500g
強力粉               200g
卵                 1/2個分
A
塩                 小さじ1/2
パルメザンチーズパウダー       大さじ2
ナツメグ              少々 
ゴルゴンゾーラ           100g
生クリーム             180ml


■作り方 
1. 長いもは皮をむいて3cm程度の厚い輪切りにし、
        やわらかくなるまで蒸す。または茹でる。
2. 長いもが熱いうちにマッシャーでつぶし、強力粉、溶き卵、
        Aを加えてまとめる。捏ねるのではなく、
        折りたたんでいくイメージでまとめる。
3. たっぷりの湯に多めの塩(分量外)を入れて、
        2をスプーンですくって落とし、ニョッキが浮いてくる約2分程度茹でる。
4. 浮かんできたら、茹であがりを冷水にさらします。
5. 鍋に小さくちぎったゴルゴンゾーラと生クリームを入れ、弱火にかける。
6. チーズが溶けはじめたら、3のニョッキを加えからめる。
7. ニョッキが温まったら出来上がりです。
アサヒ2.jpg
■ポイント
ニョッキは古代ローマ時代から作られてきた古い料理。もともとは現在のようにジャガイモやカボチャで作るものではなく、小麦粉を練って作られていた。ジャガイモのニョッキが作られるようになったのは、1800年代になりアメリカ大陸から伝来したジャガイモがイタリアで栽培されるようになってからである。
 作り方は非常に簡単で、注意する点は「練りすぎないこと』小麦粉も含んでいる為、練りすぎるとグルテンが生成され生地に粘りが出てしまう。ニョッキというよりイモモチになってしまいます。したがって、「捏ねる」のではなく「折り込む」を意識しながらまとめると、食感よく出来上がります。
 ソースはクリーム系のみならず、「トマトソース」やバジル、木の実、ニンニクなどをペースト状にした「ジェノベーゼ」も良く合います。

今週のレシピはコチラ→【20120424】.pdf

野菜 料理レシピ

2012.04.27

今週は「ながいも」をご紹介

北の大地のうまいを伝える”アサヒスーパードライ、ノース•ガーデン!
今週、注目した北の食材は「ながいも」をご紹介。
今日は「ながいも」のスペシャリスト

真狩村 長船農園 長船寛さんにお話を伺いました。
The Life Stock 152.jpg

今週のうまい食材

2012.04.22

美味ネギ君とマグロのさっぱりたたき

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!
第96回目の食材は「軟白ねぎ」です。
negi 001.jpg
料理を教えていただくのは野菜ソムリエの金澤敬子さんです。
negi 008.jpg

■材料(2人分)
美味ネギ君1本 トレビス1枚 ライム1/2個 生姜5g 茗荷1個 マグロ100g
(下味用:醤油大さじ1 日本酒大さじ1) オリーブオイル小さじ2
[仕上げ用:ナンプラー・ごま油・みりん各小さじ2 塩・コショウ各適量] 
■作り方
1、 マグロは刺身用のさくを用意。下味用調味料に20分ほど漬け込み水分を拭いて、
        オリーブオイルを熱したフライパンで両面20秒くらいずつ焼き、氷をあてて冷やす。
        冷めたら5~7mm程度にスライスし冷蔵庫で冷やしておく。
2、 美味ネギ君は斜め薄切り、生姜は千切り、茗荷は小口切り、
        トレビスは手でちぎってそれぞれ水にさらす。
        ライムは皮ごと5~6枚輪切りにし更に4等分の銀杏切り、
        残りの果汁を絞って仕上げ用調味料と合わせ、
        ネギ・生姜・トレビス・ライムの銀杏切りと和える。
3、 2を器に盛り、1のマグロをその上に並べたら茗荷をちらして出来上がり。
negi 003.jpg

■ポイント

美味ネギ君は生でも食べられる辛味の少なく、
        口当たりまろやかな軟白ネギです。
        その他サラダや酢味噌和え・おみそ汁の具などにもぜひ挑戦してみてください。
ネギのつ~んとくる辛味と香りの成分は、胃の消化液分泌を促進したり、
        ビタミンB1(エネルギーの代謝に関わる栄養素です)の吸収を促すので
         体がだるい春にはもってこいの野菜です。

今週のレシピはコチラ→【20120417】.pdf


野菜 料理レシピ

2012.04.22

今週は「軟白ねぎ」をご紹介

北の大地のうまいを伝える”アサヒスーパードライ、ノース•ガーデン!
今週、注目した北の食材は「軟白ねぎ」をご紹介。
今日は「軟白ねぎ」のスペシャリスト

門別町のJA門別 門別軟白長葱部会 部会長 丹羽優さんにお話を伺いました。
部会長.jpg

今週のうまい食材

2012.04.13

ベーコンときのこのホウレン草サラダ

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!
第95回目の食材は「ベーコン」です
tonden 003.jpg
料理を教えていただくのは料理研究家の「こばやん」こと「小林雄樹」さんです。
tonden 011.jpg

■材料(2人分)
ベーコン  100g
椎茸  2個
しめじ  1/2パック
舞茸  1/2パック
サラダほうれん草
にんにく  1かけ
オリーブオイル  大さじ1
塩  こしょう
刻んだアーモンド(フライドオニオンやくるみでもOK)
ポン酢   大さじ3
オリーブオイル  大さじ2
黒ごま   適量
柚子こしょう  小さじ1/2

1、 フライパンにオリーブオイルをひき、ごく弱火でにんにくのみじん切りを炒める。
2、 香りが出てきたら千切りにしたベーコンを加え香りが出るまで中火で炒める。
3、 強火にして食べやすい大きさに切ったキノコを入れ、塩、こしょうをしてサッと炒める。
4、 水にさらしてシャキッとさせたサラダほうれん草の水気を切り、
    器に盛り付け熱々のままのベーコンとキノコをのせる。
5、 Aのドレッシングをかけて、アーモンドをかけて出来上がりです。

tonden 009.jpg

ポイント
にんにくとベーコンは、多めのオリーブオイルでじっくりと香りを出しておくとうまいです

きのこはダラダラ炒めずに強火でさっと炒めると、オイルに移ったベーコンとにんにくの香りだけでなく
キノコの香りも生かした最高の状態で仕上がります。

出来ればサラダを食べる直前にベーコンとキノコは炒めておきたいです。

今週のレシピはコチラ→ 【20120410】.pdf


野菜 料理レシピ

ページトップへ