2012.10.31

ほっきのワイン蒸し

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!
今日の食材ホッキ」です。
R0026800.jpg
お料理を作っていただくのは、料理研究家“こばやん”こと小林雄樹さんです。
IMG_4585.jpg

■材料(2人分)

ほっき  3個

しめじ  1/2パック

舞茸  1/2パック

白ワイン  50cc 

にんにく  1かけ

バター  45g

塩   適量


1、しめじ、舞茸は石付きをとり、ほっきは貝から外し、内蔵を取り除き、水でよく洗う。

2、ほっきの身を食べやすい大きさに切り、フライパンにバターを溶かし、にんにくのみじん切りを炒める。

3、しめじと舞茸を加えて、サッと炒めたらほっきを加え、強火にし白ワインを加える。

4、蓋をして2分ほど蒸し焼きにし、塩で味を調節し完成です。

IMG_4583.jpg

ポイント

ほっきは食べる直前に貝から外す方が風味が残ります。


ひもも一緒に入れることで、ほっきの味をさらに楽しむことができます。お好みでパスタを入れても美味しくいただけます。

    今週のレシピはコチラ【20121030】.pdf

野菜 料理レシピ

2012.10.31

今週は「ホッキ」をご紹介

北の大地のうまいを伝えるアサヒスーパードライ、ノースガーデン!

今週、注目した北の食材は「ホッキ」をご紹介。

今日は「ホッキ」のスペシャリスト!

苫小牧市にあります、苫小牧漁業協同組合 高島貴仁さんにお話を伺います。

高島さん.jpg

今日ご紹介する「ホッキ」の特徴。

ホッキ貝は、道の調整規則で殻長7.5センチ以上を漁獲することに定められていますが、苫小牧産ホッキ貝は、自主規制でさらに大きい「殻長9センチ以上」を漁獲することにしています。つまり、大型の貝が多く漁獲されています。


生産者さんのお勧めの食べ方:やはり刺身。あとはバター焼きなどが定番ですが、地元では昔からフライなども定番です。あとは最近話題、カレーですね。

購入可能な場所:苫小牧市なら、スーパーの鮮魚売り場に普通に置いてあります。

お魚屋さんに無いなら、漁連のネットショップに、苫小牧産ホッキ貝のリンクがあると思いますので、是非見て頂きたいです。

今週のうまい食材

2012.10.25

ビーツとトマトのグラタン

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!
今日の食材「ビーツ」です。
057.jpg
112.jpg
お料理を作っていただくのは、野菜ソムリエの金澤敬子さんです。
写真 2012-10-23 18 54 47.jpg

■材料(2~3人分)

 ビーツ100g トマト水煮1/2缶 セロリ40g 玉ネギ80g 人参40g

 じゃがいも100g 白ワイン50cc ローリエ1枚 にんにく1片 ディル1枝

塩適量 酢適量 牛ひき肉80g シュレッドチーズ100g オリーブオイル大さじ2



■作り方

1、ビーツはまるごと酢と塩少々を入れた水で竹串がすっと通るまで下ゆでする。

 2、1とじゃがいもは皮をむいて5mmのいちょう切り、それ以外の野菜を粗みじん切りに

する。オリーブオイルでにんにくを炒め、続いて玉ネギ、牛肉、じゃがいも、セロリ、

人参を炒め、火が通ったらトマトの水煮とビーツを加えひと煮立ちしたら白ワインと

ローリエを加えてしばらく煮込む。

 3、全体がとろりとして柔らかくなったら塩で味を調え、耐熱皿に移す。チーズをかけて

   オーブンでチーズがこんがり焼けるまで加熱したらディルを飾ってできあがり。

写真 2012-10-23 18 51 54-1.jpg

■ポイント

・ビーツはアカザ科の植物で、私達がよく食べるほうれん草や砂糖の原料になる甜菜の

仲間です。ちょっと土臭い、それでもって独特の甘みがあってクセになる味です。

今回使った赤ビーツの他に赤と白の縞々模様や黄色と白の縞々模様のビーツもあります。

・ビーツは「食べる血液」といわれ、リン・カリウム・鉄分・マグネシウム・カルシウム等

 血を作るのに必要な栄養素が豊富です。

・赤ビーツを料理する時は、まな板や手が真っ赤になりますので気になる方は手袋をすると

 よいでしょう。付いてしまった色はレモン汁で綺麗に落とせますよ。

・この他にも下ゆでしたものをピクルスやサラダにしたり、ボルシチにしたりとビーツで

 いつもと違う食卓の演出も楽しいですね。


今週のレシピはコチラ【20121023】.pdf

野菜 料理レシピ

2012.10.25

今週は「ビーツ」をご紹介

北の大地のうまいを伝えるアサヒスーパードライ、ノースガーデン!

今週、注目した北の食材は「ビーツ」をご紹介。

今日は「ビーツ」のスペシャリスト!

真狩村にあります、三野農園の三野伸治さんにお話を伺います。

20120823_132809.jpg

今日ご紹介する「ビーツ」の特徴。

品種:「レッドビーツ」。

特徴:北海道では砂糖の原料となる「ビート」甜菜はなじみがありますが

    こちらは調理して食べるテーブルビート。ビーツという。

    カブほどに肥大した根を食べるがビート特有の土臭さがある。

    レッドビーツは飲む血液と言われるくらい赤く鉄分が豊富。

購入可能な場所:三野農園のホームページ:http://farm-mino.com/

今週のうまい食材

2012.10.17

オニオンリングフライ 塩ヨーグルトソース

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!
今日の食材たまねぎ」です。
写真 2012-10-10 11 56 50.jpg
お料理を作っていただくのは、料理研究家“こばやん”こと小林雄樹さんです。
写真 2012-10-16 19 15 37.jpg

■材料(2人分)

玉ねぎ  1個

小麦粉  1/4カップ

A

牛乳  1/2カップ

溶き卵   1/2個分

カレー粉  小さじ1

塩 小さじ1/2

B

プレーンヨーグルト   100g

塩   小さじ1/3

ケチャップ  小さじ1/2


揚げ油


  1. 玉ねぎは皮をむき、1センチの幅に輪切りにする。
  2. 玉ねぎをほぐし、Aを混ぜ合わせた卵液に10分ほど漬け、卵液から玉ねぎを取出し小麦粉をつけて170℃の油で3~4分ほど揚げます。
  3. きつね色になったら取り出し器に盛り付けます。
  4. Bの材料を塩のざらつきがなくなるまで混ぜあわせ、オニオンリングフライにつけてお召し上がりください。
写真 2012-10-16 19 13 17.jpg

ポイント

先に卵液につけることで味がなじみ、サクッとした触感に仕上がります。


塩ヨーグルトソースは、味が足りなければケチャップや昆布茶を入れるとビールのおつまみとしても、ご飯のおかずとしても美味しくアレンジできます。

    今週のレシピはコチラ【20121016】.pdf

野菜 料理レシピ

ページトップへ