2013.02.27

漬けサーモンとカマンベール

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!
今日の食材は「カマンベールチーズ」です。
IMGP2061.jpg
お料理を作っていただくのは、料理研究家“こばやん”こと小林雄樹さんです。
IMGP2112.jpg

■材料(2人分)

カマンベールチーズ  

サーモン刺身用  150g

卵黄  2個

柚子胡椒  少量

A(多めに作っておく)

しょうゆ  大さじ2

みりん  大さじ2

出汁  大さじ1



1、卵黄はAを合わせたものに一晩漬ける。

2、食べやすい大きさに切ったサーモンは食べる15分前くらいにAに柚子胡椒を加え漬ける。

3、カマンベールチーズは食べやすい多さに切り、サーモンを巻いたり、卵黄を漬けて食べる。

IMGP2111.jpg

ポイント

サーモンに柚子胡椒を加える事で、脂がのっていてもさっぱり食べる事ができます。

今週のレシピはコチラ
【20130226】.pdf

野菜 料理レシピ

2013.02.27

今週は「カマンベールチーズ」をご紹介

北の大地のうまいを伝えるアサヒスーパードライ、ノースガーデン!

今週注目した北の食材は「カマンベールチーズ」をご紹介。

今日は「カマンベールチーズ」のスペシャリスト!

共和町にありますカマンベールの老舗「北海道クレイル」の

西村公太さんにお話を伺います。

公太熟成庫原画.jpg

今日ご紹介する「カマンベールチーズ」の特徴。

商品名:カマンベール・カレ

カレ=四角という意味で四角いカマンベールタイプ。

乳酸菌が生きていることが特徴。

生産者さんのお勧めの食べ方:

減塩の為、わさび醤油orもろみ味噌が相性抜群です。

また本場カマンベール地方のように、ジャムを乗せても極上のスイーツに!

購入可能な場所:きたキッチン 大丸札幌「きたほっぺ」 

【新千歳空港】スカイショップ小笠原  きたきっちん  東急チーズ売場

     


今週のうまい食材

2013.02.21

行者にんにくとイカのゴロ炒め

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!
今日の食材行者にんにく」です。
IMGP1903.jpg
お料理を作っていただくのは、野菜ソムリエの金澤敬子さんです。
IMGP1895.jpg

■材料(2~3人分)

行者にんにく80g イカ1杯 ショウガ1かけ 人参30g

[酒大さじ1 味噌大さじ1 みりん小さじ2 醤油少々] サラダ油小さじ2

■作り方

  1. イカは胴とゲソを分け、胴は1cm輪切り、ゲソは吸盤とクチバシを落してぶつ切りにする。行者にんにくはハカマを除き、4cm長さに切る。ショウガは細く千切りにし半分を水にさらしておく。人参も千切り。
  2. ゴロは袋に切れ目を入れ中身を取り出して[ ]の調味料と合わせておく。
  3. フライパンに油を引き、1の残りのショウガ・人参・行者にんにく・イカの順に強火で炒める。イカに程よく火が通ったら、2を加えてよく絡んだら火を止める。
  4. 器に盛り、水気を切ったショウガを飾ってできあがり。                 IMGP1888.jpg
  5. ■ポイント

    ・行者にんにくは天然のものは雪解けあとに山菜採りで目にしますが、栽培のものはこの

    時季から楽しめるのがいいですね。

    栽培したものはアクも少なく、あの特有のきつい香りも柔かいのでちょっと気軽に山菜を

    楽しむにはもってこいです。

     ・行者にんにくは山菜の中では扱いやすく、アク抜きも不要です。メニューも、天ぷらや

    おひたし、豚肉と一緒に炒めたり、キムチ鍋で楽しんだり、玉子とじも美味しいですので

    定番の醤油漬け以外も色々チャレンジしてみてくださいね。

     ・行者にんにくは、キトビロ・ヒトビロ・アイヌねぎ・ヤマビルなど別名を沢山持ちます。

      北海道以外でも広く自生しそれぞれの地域で愛され食べられていたのが想像できます。

    今週のレシピはコチラ【20130219】pdf

野菜 料理レシピ

2013.02.21

今週は「行者にんにく」をご紹介

北の大地のうまいを伝えるアサヒスーパードライ、ノースガーデン!

今週、注目した北の食材は「行者にんにく」をご紹介。

今日は「行者にんにく」のスペシャリスト!

中標津町 エコランド山菜工房 井芹靖彦さんにお話を伺います。

井芹さん.jpg

今日ご紹介する行者にんにくの特徴。

産地によって葉部の形態例えは大きさや円形から楕円形,長方形等、葉色の濃淡、光沢の有無、根株の茎数などや早晩性などの特徴はあります。 行者ニンニクは機能性に富むばかりでなく、あくもなく食味に優れております。


生産者さんのお勧めの食べ方。

食べ方は生のまま、ゆでる、煮る、揚げる、炒める、焼く、蒸すなどあらゆる料理に適します。天ぷら、お好みの調味料で味付けしたアルミホイル焼き、中華炒めなど太さを活かした調理。

購入可能な場所:中標津町管内2店舗のショッピングセンター他コープ札幌釧路地区11店舗で購入出来ます。

町内2店舗は1月中旬より3月末、コープ札幌では2月~3月末まで。

エコランド山菜工房のホームページ:http://eco-land.biz/



今週のうまい食材

2013.02.13

エゾシカのキーマカレー

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!
今日の食材は「エゾシカ」です。
IMGP1843.jpg
お料理を作っていただくのは、料理研究家“こばやん”こと小林雄樹さんです。
IMGP1878.jpg

■材料(2人分)

鹿肉  300g

玉ねぎ  1/2個

キャベツ   1/8個

にんにく  1片

しょうが  50g

オリーブオイル   大さじ2

(ご飯)

A

トマト缶  1/2缶(200g)

ケチャップ  大さじ3

カレー粉  大さじ3

はちみつ  大さじ1

ウスターソース  大さじ1


1、鹿肉は荒いみじん切りにし、玉ねぎとキャベツ、にんにく、しょうがはみじん切りにする。

2、オリーブオイルをフライパンにひき、にんにくとしょうがを弱火で炒める。

3、香りが出てきたら中火にし、鹿肉を色づくまで炒め、玉ねぎ、キャベツを加える。

4、しんなりしてきたらAを加え、水分が飛びとろみがついてきたら出来上がりです。

IMGP1873.jpg

ポイント

水分が少ないキーマカレーにすると、鹿肉の独特の香りも嫌みなく生かす事ができます。

今週のレシピはコチラ【20130212】.pdf

野菜 料理レシピ

ページトップへ