2013.07.31

ツナときゅうりの冷や汁

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!
今日の食材きゅうり」です。
IMGP4268.jpg
IMGP4294.jpg
お料理を作っていただくのは、野菜ソムリエの金澤敬子さんです。
IMGP4286.jpg

■材料(4人分)

冷たいご飯4杯分 きゅうり3本 絹豆腐100g 大葉10枚 茗荷2個

生姜1片 すだち1個 ミニトマト4個 ツナ1缶 味噌大さじ3 みりん大さじ1

白ゴマ大さじ1 鰹節8g 水800cc

■作り方

  1. フライパンで油をしっかり切ったツナを炒め、焦げ目が着いたら味噌を加えて軽く焼き目をつけ、冷やしておく。
  2. きゅうりは薄く輪切り、大葉と生姜は千切り、茗荷はみじん切り、すだちは皮ごと薄く半月切りにする。
  3. 1に水を少しずつ加え溶かし、2を加え、更に鰹節と水切りした豆腐を手で崩して加え、冷蔵庫で冷やす。
  4. 冷たいご飯に3をかけ、4等分したミニトマトと白ゴマをふって出来上がり。
  5. IMGP4274.jpg
  6. ■ポイント

      • 冷や汁はもともと夏場の忙しい時期に農家さんがお昼にかき込んですぐ畑に戻れるようにと考えられたメニューでしたが、夏場の食べやすさと味の良さから広まったものです。
      • 茄子や小ねぎ、オクラなどを加えてもおいしく召し上がれます。
      • 味噌とツナは焼いておくと香ばしさが加わって食欲がUPしますよ。
      • 最近夏場の熱中症予防に水分と塩分を、というのをよく耳にしますが、塩分と一緒に摂っていただきたいのがカリウムです。カリウムは塩分=ナトリウムと一緒に体内のバランスを保つ成分で、カリウムが足りなくなると体がむくんだり血圧が高くなったりします。きゅうりをはじめとする夏野菜にはカリウムが多く含まれますので夏場に沢山たべて欲しい野菜です。
      • 今週のレシピはコチラ【20130730】.pdf

野菜 料理レシピ