2013.09.25

モリモリ玉ねぎ油そば

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!
今日の食材たまねぎ」です。
IMGP6187.jpg
お料理を作っていただくのは、野菜ソムリエの対木真理さんです。
IMGP6185.jpg

■材料(2人数分)

玉ねぎ  2個

鶏挽肉      80g

ラーメン     2玉

ミニトマト  4個

塩/こしょう     適量

カイワレ大根   お好み

[A]

味噌       大さじ1

しょうゆ     大さじ1

ごま油      大さじ3

酢        大さじ3

オイスターソース 大さじ2

砂糖       大さじ1

塩        少々

白ごま      適量


ラー油      お好みで

■作り方 

  1. 1.たまねぎは全て千切りにする。1.5個分を油のひいたフライパンで塩こしょうをしてじっくり炒める。残りの1/2個分は10分ほど酢水につけて水切りしておく。塩こしょうした鶏挽肉も炒めておく。
  2. 2.“A”の調味料をあわせて、①で炒めたたまねぎと鶏肉を加える。
  3. 3.ラーメンをお好みのかたさで茹でて、しっかり湯切りする。
  4. 4.ラーメンに②のソースをのせ、カイワレ大根と小さめにカットしたミニトマト、酢水につけたたまねぎを盛りつけて完成!!
  5. IMGP6177.jpg
  6. ■ポイント


    ・このソースはお肉やお魚料理のソースにもなります。

    ・寒くなるこれからの時期は湯豆腐にのせてもいいですね♪

    今週のレシピはコチラ【20130924】.pdf

野菜 料理レシピ

2013.09.25

今週は「たまねぎ」をご紹介

北の大地のうまいを伝えるアサヒスーパードライ、ノースガーデン!

今週、注目した北の食材は「たまねぎ」をご紹介。

今日は「たまねぎ」のスペシャリスト!

栗山町にあります 有限会社 吉田農場 取締役 吉田寿栄さんにお話を伺います。

IMGP6173.jpg

今日ご紹介する「たまねぎ」の品種•特徴。

品種:オホーツク222

特徴:肉厚で晩生種(北もみじ2000)に比べると辛みが弱い。

    年内販売されている玉ねぎはほぼオホーツク222

生産者さんのお勧めの食べ方→サラダ、焼く、煮る、炒めるとオールマイティ

野菜炒め、カレーライス、シチュー、玉子焼きの具材としてよく食べます。

購入可能な場所→そらち南農協、西友9店舗 ジャスコ2店舗、コープさっぽろ4店舗。その他、JAそらち南、生鮮野菜販売コーナー。



今週のうまい食材

2013.09.19

かぼちゃのポテトサラダ風

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!
今日の食材かぼちゃ」です。
DSC_3505.jpg
DSC_3508.jpg
お料理を作っていただくのは、野菜ソムリエの金澤敬子さんです。
IMGP6172.jpg

■材料(2人分)

かぼちゃ300g(綿と種を除いた分量)

ベーコンスライス2~3枚

たまねぎ40g

マヨネーズ大さじ2

黒コショウ適量

■作り方

かぼちゃは種と綿をとりのぞき、一口大に切る。ベーコンも同じく一口大にカット。玉ねぎは繊維に沿って薄くスライス。

かぼちゃをゆでる。皮まで柔らかくなったら湯を捨て少し火にかけて水分を飛ばし、置いておく。

別鍋でベーコンをカリッと焼いておき、マヨネーズ・玉ねぎ・かぼちゃと和え、黒コショウを振ってできあがり。

IMGP6163.jpg

■ポイント

温かいままでも、冷たく冷やしても美味しく食べられますし、クラッカーやチーズと合わせるのもおすすめです。

かぼちゃは皮も栄養がたっぷりですので、お料理にもぜひ残さず使ってください。

今週のレシピはコチラ【20130917】.pdf

野菜 料理レシピ

2013.09.19

今週は「かぼちゃ」をご紹介

北の大地のうまいを伝えるアサヒスーパードライ、ノースガーデン!

今週、注目した北の食材は「かぼちゃ」をご紹介。

今日は「かぼちゃ」のスペシャリスト!

石狩市 はるきちオーガニックファーム 小林 卓也さんにお話を伺います。

IMGP6170.jpg

今日紹介する「かぼちゃ」の品種と特徴

品種:ほっとけくりたん

特徴:名前の通り栗のような食感

生産者さんのお勧めの食べ方→天ぷらやかぼちゃサラダ

購入可能な場所→石狩市花畔に直売所があります。

            石狩市花畔(ばんなぐろ)363-13  電話0133-64-2095

今週のうまい食材

2013.09.11

マー坊ナスの揚げ浸し バジル風味

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!
今日の食材ナス(マー坊ナス)」です。
IMGP5001.jpg
お料理を作っていただくのは、
ハーブ インストラクターで野菜ソムリエでもある大澄かほるさんさんです。
IMGP5021.jpg


■材料(2人分)

マー坊なす 2本

ミニトマト 2個

キャノーラ油 適量

バジルの葉 4枚 

唐辛子 1本

✩だし 200cc

✩白醤油 大さじ2

✩みりん 大さじ2

飾り用バジル 1枝

■作り方 

1 ナスは5~6cmにぶつ切りし、皮を縦縞に剥き縦半分に切ります。さらに、水にさっと漬けアクを抜き、水気を良くふいておきます。ミニトマトは、縦半分にカットします。

2 鍋に✩のだし汁と調味料をあわせ、1、2分煮立てておきます。

3 フライパン等にキャノーラ油と種を抜いた唐辛子、バジルの葉を入れて温めナスを素揚げします。170度位の油で皮から揚げると色がきれいに揚がります。

4 カットした生のトマトと揚げたてのナスを、2のだし汁に浸します。

5 冷蔵庫等で冷やして味がなじんでからいただくと更に美味しいです!盛りつけにはバジルの葉や花穂を一緒に飾ると香りも良いです。

IMGP5017.jpg

■ポイント

・普通のナスより、細くて果肉が柔らかい「マー坊ナス」は少なめの油で手軽に短時間で揚げることができます。

・「マー坊ナス」の皮の紫色を引き立て、味なじみもよくするため皮を縦縞にむきました。

・白醤油の代わりに普通の醤油でも出来ます。実は醤油にはバジルと同じ香りの成分が含まれていて相性が良く、バジルを使うことで洋風のアレンジがビールに合うお料理にランクアップします。


今週のレシピはコチラ【20130910】 .pdf

野菜 料理レシピ

ページトップへ