2014.02.27

タラの芽の生ハム巻き

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!
今日の食材タラの芽」です。
写真 2014-02-25 19 54 39.jpg
お料理を作っていただくのは、シェフの佐藤 大典さんです。
__ 3.jpg

■材料(4人数分)

タラの芽      100g 

生ハム      10枚 

らっきょ     10粒 

オリーブオイル    適量 

■作り方 

1 鍋にお湯を沸かし、塩を入れて1分くらい茹でて、氷水の中に放つ。 

2 しっかりペーパーでタラの芽の水分を取り、生ハムで巻く。 

3 らっきょをあらみじん切りにし、オリーブオイルで和え、2の上にかける

__ 2.jpg

■ポイント

・家庭で手に入りやすい「らっきょ」を使うのがポイントです。 酸味と甘みが、タラの芽と生ハムのシンプルさにピッタリ!薬味的要素があり生ハムの塩気を和らいでくれます。 オリーブオイルだけでもいいですが、日本人が敏感な香り、シャキシャキした食感をプラスします。

・生ハムがない場合はハムでもオッケーです。

今週のレシピはコチラ【20140225】.pdf

野菜 料理レシピ

2014.02.27

今週は「タラの芽」をご紹介

北の大地のうまいを伝えるアサヒスーパードライ、ノースガーデン!

今週、注目した北の食材は「タラの芽」をご紹介。

今日は「タラの芽」のスペシャリスト!

せたな町にあります農業生産法人 (株)なな実 高松利彰さんにお話を伺います。

__ 1.jpg

今日ご紹介する「タラの芽」の特徴。

北海道では5月から旬を迎えますが、秋12月から山へ入り、タラの芽の枝を収穫して来て、ビニールハウスへ水槽を作り、マキストーブで加温し5月からの温度調整を人工的に行い、水耕栽培にします。

天然物より苦みや甘みは落ちるが、冬でも山菜の味が楽しめます。

生産者さんのオススメの食べ方:てんぷらにして、塩で食べるのが一番うまい。

購入可能な場所→HUGマート:札幌市中央区南2条西5丁目 東宝プラザビル 1F

           (狸小路5丁目)


今週のうまい食材

2014.02.19

焼キャベツの肉みそ添え

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!

今日の食材「きゃべつ」です。

IMGP7778.jpg

お料理を作っていただくのは、野菜ソムリエの対木真理さんです。

IMGP7773.jpg

■材料(2人数分)

キャベツ      1/4

とり挽肉      50g


調味料

赤みそ       40g

砂糖   大さじ3

お酒        大さじ3

  

ゴマ        適量


■作り方 

1. キャベツの芯を残して1/8くらいにカット。オリーブオイルをからめてフライパンで両面じっくり焼く。
2. 調味料を鍋に入れて中火で溶き混ぜる。お味噌に照りがでてきたらお鍋を火からあげて、鶏ひき肉を加えて混ぜる。その後、再度中火で2,3分加熱。おこのみでゴマを加える。

3.①と②をお皿にもりつけて完成!

IMGP7761.jpg

■ポイント

・焼くときにフライパンのふたを閉めて、じっくりと蒸し焼きにしてください。

・お鍋を火からはずしてひき肉を入れるとダマになりません。

・キャベツの甘みと、赤みそのやさしい苦味がピッタリです。

今週のレシピはコチラ→【20140218】.pdf


野菜 料理レシピ

2014.02.19

今週は「きゃべつ」をご紹介

北の大地のうまいを伝えるアサヒスーパードライ、ノースガーデン!

今週、注目した北の食材は「きゃべつ」をご紹介。

今日は「きゃべつ」のスペシャリスト!

名寄市の金子孝夫さんにお話を伺います。

IMGP7758.jpg

今日ご紹介する「きゃべつ」の品種•特徴。

品種:年前収穫は、湖月(こげつ)年明けは、冬駒(ふゆこま)

特徴:歯ごたえと、味はしっかりしています。

生産者さんのお勧めの食べ方→よく言われるのは、お好み焼き・ニシン漬けなどの漬け物。

千切りキャベツも美味しいです。ロールキャベツもいいと思います。

購入可能な場所→名寄の道の駅「もち米の里☆な よろ」

今週のうまい食材

2014.02.12

湯〆ホタテ貝と根菜のタルタル

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!
今日の食材ホタテ」です。
写真 1.jpg
お料理を作っていただくのは、シェフの岩松宏之さんです。
岩松さんのお店です。「bistro 菜 festa」(ビストロ•ナ•フェスタ)
北区北24条西3丁目1−1TAZAKIビル1F
電話:011-792-0765
写真 3.jpg

材料2人分

ホタテ貝柱      80g

大根         10g

人参         10g

ジャガイモ      10g


オリーブオイル          小さじ2

白ワインビネガー         小さじ1/3

※リンゴ酢でも可

タマネギ(みじん切り)      10g

お好みのハーブ(みじん切り)   少々

塩・コショウ           少々


付け合せのバケット        適量


作り方

ホタテの貝柱を大きめのボールなどに入れ、60度~70度くらいのお湯をたっぷりめにそそぎます。

10分~15分くらいで、ホタテの貝柱が硬くなったらお湯から取りだし氷水につけ冷やします。

大根、人参、ジャガイモを5mm角くらいに切り少し硬いくらいに塩茹でします。

  茹で上がった根菜は、キッチンペーパーなどで水分を切りながら冷まします。

①のホタテの貝柱をしっかりキッチンペーパーなどで水分を取り、5mm角の大きさに切ります。

材料を全てボールなどに入れ、少しまとまるくらいまで混ぜます。

グラスや皿に盛り付け、バケットを添えて完成です。

写真 2.jpg

ポイント

・ホタテ貝の湯〆する時は、温度に注意しましょう。

     •根菜の塩ゆでは、食感を大事にしましょう。
  •熱すぎてもだめ、温度が低すぎてもだめです。

今週のレシピはコチラ【20140210】.pdf


魚介 料理レシピ

ページトップへ