タグクラウド

2014.09.24

大根と焦がしチキンの煮もの

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!

今日の食材「大根」です。

IMGP0661.jpg

お料理を作っていただくのは、野菜ソムリエの金澤敬子さんです。

IMG_5075.jpg

■材料(4人分)

大根・・・500g

鶏もも肉・・・250g

塩・・・小さじ1

コショウ・・・適量

サラダ油・・・小さじ1

醤油・・・小さじ1/2

八角ういきょう・・・1かけ

水・・・500ml

     

■作り方

1、大根は皮を厚めに剥き、一口大の乱切り、鶏肉も一口大に切りキッチンペーパーで血や水分をふき取り塩半量とコショウをふっておく。

2、熱したフライパンにサラダ油をひき、鶏肉を皮から焼く。こんがりときつね色になるまでしっかり焼いたら返して両面焼く。出てきた油をキッチンペーパーでふき取る。

3、大根と水、残りの塩、八角ういきょうを加え、中火でアクをすくい取りながら大根がやわらかくなるまで煮る。大根に火が通ったら最後に醤油を加え、さっとひと混ぜして火を止める。

IMG_5069.jpg

■ポイント

・大根の皮は厚めに剥くことでやわらかく仕上がります。また剥いた皮は千切りにし、きんぴらにすると二度楽しめてお勧めですよ。

・大根は奈良時代にはすでに栽培され食べられてきた歴史のある野菜です。そのためもあって大根の種類は地域によって特色があり面白いものもあります(桜島大根や聖護院大根などの大きな丸いものや、守口大根のように長さが1m以上になるながーいもの、かぶのような丸くて赤い親田辛味大根などもあります)。

今週のレシピはコチラ→【20140923】.pdf




野菜 料理レシピ

2014.09.24

今週は「大根」をご紹介

北の大地のうまいを伝えるアサヒスーパードライ、ノースガーデン!

今週、注目した北の食材は「大根」をご紹介。

今日は「大根」のスペシャリスト!


千歳市にありますあしだファーム代表 蘆田 裕介さんにお話を伺います。

IMG_5074.jpg

今日紹介する「大根」の特徴


品種:「青首大根

特徴:栽培は農薬を通常の半分以下、化学肥料は基本的に使用しないで栽培しています。

中身の詰まった大根に育っていると思っています。



生産者さんのお勧めの食べ方→胡麻和え、イカ大根、ジンギスカンのタレとしての大根おろし、ビール漬け


購入可能な場所→コープさっぽろ。びっくりドンキーさんのディッシュサラダにも使われています。

今週のうまい食材

2014.09.18

鮭のムニエル ちゃんちゃんタルタルソース

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!

 今日の食材「鮭(銀聖)」です。

DSC_0552.JPG

お料理を作っていただくのは、シェフの岩松宏之さんです。

岩松さんのお店はコチラです。

 

「bistro 菜 festa」(ビストロ•ナ•フェスタ)

北区北24条西3丁目1-1TAZAKIビル1F

電話:011-792-0765

IMGP0657.JPG

■材料(2人数)

鮭の切り身    120g×2枚

小麦粉      適量

サラダ油     大さじ2

バター      小さじ2

塩・コショウ   少々

お好みの付け合せ


(ソース)

マヨネーズ          60g

味噌             10g

キャベツのみじん切り     20g(塩もみして水にさらした物)

タマネギのみじん切り     20g(塩もみして水にさらした物)

パセリのみじん切り      少々

ゆで卵のみじん切り      1個分

レモン汁           少々

コショウ           少々




■作り方 


  1. ①鮭の切り身に塩、コショウをして、小麦粉を全体にまぶし余分な粉をおとします。

サラダ油とバターを入れたフライパンを熱して、皮目方から鮭を中火で焼き皮目がキツネ色になったら、ひっくり返して弱火で中まで火を通します。

  1. ②ソースを作る、ソースの材料を全て混ぜ合わせます。
  1. お好みの付け合せを器に盛り付け、②をかけて完成です
  2. IMGP0647.JPG
  3. ■ポイント


    鮭は、鱗をしっかり取り除き皮目に焼き色が付きやすいようなカットをしましょう。

    皮目をしっかり焼くことで、生臭さが抑えられます。

    今週のレシピはコチラ→【20140916】.pdf


魚介 料理レシピ

2014.09.18

今週は「鮭」をご紹介

北の大地のうまいを伝えるアサヒスーパードライ、ノース•ガーデン!

 

今週、注目した北の食材は「鮭」をご紹介。

 

今日は「鮭」のスペシャリスト!


浦河町にあります三協水産株式会社 部長 小西 哲平さんにお話を伺います。

小西 哲平.JPG

今日ご紹介する「」の品種と特徴。


ブランド名:銀聖

特徴:北海道日高で漁獲されるブランド秋鮭であり、原魚重量3.5kg以上の、鮮度保持が厳守された体表が銀色に輝く美しい鮭です。味わいといたしましては、滴るような脂はございませんが、飽きの来ない程よい脂と旨みのバランスが絶妙な鮭です。


生産者さんのお勧めの食べ方→【焼き浸し】

素焼きした切身を熱いうちに醤油と酒ベースのタレに漬け込み1~2日間冷蔵庫で寝かせて食べる焼き漬しは、温めなくても美味しく食べられる。港町では昔から食べられている食べ方がお勧めです。



購入可能な場所きたキッチン・HUGマート・とかちむら産直市場

お歳暮のギフトセットは、コープさっぽろ・丸井今井・三越札幌店・大丸札幌店等

(店舗によりお取扱商品は異なります。)

今週のうまい食材

2014.09.12

パプリカのカラフルサラダ

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!

今日の食材「パプリカ」です。

IMGP0617.JPG


お料理を作っていただくのは、野菜ソムリエの対木真理さんです。
IMGP0643.JPG


■材料(2人分)

パプリカ(lunchbox)赤・黄・オレンジ  各1個

ミョウガ                1個

大葉                  2枚

   


・甘酢ドレッシング

酢       大さじ2

砂糖      大さじ2

みりん     大さじ1

塩       小さじ1/3

だし醤油   小さじ1

ごま油 小さじ1


     

■作り方

1.ドレッシングの調味料を全て混ぜ、レンジで30秒温める。


2. パプリカ、ミョウガは千切りにし、水にさらしアクをとる。

  

3.大葉も細かく千切りし、水気を取った②と混ぜ、①のドレッシングを合わせて完成。

IMGP0631.JPG

■ポイント

・lunchboxはとっても柔らかい品種なので皮もそのまま食べることができます。

・パプリカのワタは苦味があるのできれいに取り除いてください。

・ドレッシングのだし醤油を多めにすると、白身のお魚の付け合せにピッタリです。

【20140910】.pdf

今週のレシピはコチラ→

野菜 料理レシピ

ページトップへ