タグクラウド

2015.02.25

エスニック風大根ステーキ 

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!

今日の食材「越冬大根」です。

IMGP3462.jpg

お料理を作っていただくのは、

ハーブ&クッキングルーム「KINA」の代表、大澄かほるさんです。

IMG_6510.jpg

■材料(4人数)

大根       12cm

ごま油      小2

A(鶏挽肉 100g、おろし生姜 小1/2、おろしにんにく 小1/2、お酒 大1、ナンプラー 大2、唐辛子 適量)

香菜(パクチー)4束


■作り方 

1 大根は1cmの厚さの輪切りにし、ごま油を引いたフライパンで両面に焼き色が付くまで弱火でじっくり焼きます。

2 フライパンから大根を取り出し、Aの材料をいためます。

3 皿に1を盛り、2のそぼろをかけます。ざく切りした香菜をのせていただきます。

IMG_6507.jpg

・大根は弱火でじっくり焼くほうが甘味が増します。

・越冬大根ではなく普通の大根を使う時は、Aの調味料に小さじ1の砂糖を加えるとこくが出ます。

・和食に使われることの多い大根ですが、にんにくや生姜と相性の良いナンプラーを合わせるとエスニック風になり、パクチーを添えることでビールに合うお料理になりました。

・挽き肉を炒める際に、香菜の根や大根の葉も刻んで一緒に炒めると更に美味しいです。

・大根は消化に良く、香菜も胃腸に良いと言われるハーブ。にんにくと唐辛子を少なめに作ると、胃腸の調子が気になる時にも召し上がれるレシピになります。

今週のレシピはコチラ→レシピ.pdf

野菜 料理レシピ

2015.02.25

今週は「越冬大根」をご紹介

北の大地のうまいを伝えるアサヒスーパードライ、ノースガーデン!

今週、注目した北の食材は「越冬大根」をご紹介。

今日は「越冬大根」のスペシャリスト!

北斗市にあります高坂農園 代表 高坂重勝さんにお話を伺います。

高坂さん.jpg

今日ご紹介する「越冬大根」の品種と特徴。

品種:耐病総太り(たいびょうそうぶとり)


オススメの食べ方→みずみずしさが強いので大根おろしやスティック。でも冬の時期なのでおでんや鍋もいいです


購入可能な場所→函館方面はMEGA ドン・キホーテの地下野菜コーナー、ホクレンショップ函館昭和店、

生協函館 ほぼ全店。あとは八百ねっと(自分でやっている 宅配・発送)

今週のうまい食材

2015.02.18

ピリピリ鰊

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、 

ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!

 今日の食材「ニシン」です。

IMGP2927.JPG

お料理を作っていただくのは、シェフの佐藤 大典さんです。 

佐藤さんのお店「meli melo (メリメロ) 

札幌市中央区南五条西24丁目3-16

地下鉄東西線 円山公園駅 5番出口 徒歩7分

<金・土・日・祝>
ランチ 12:00~14:00

 <火~日>
ディナー 18:00~24:00

ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業

IMG_6442.JPG

■材料(4人分)

鰊         2尾 

ほうれん草     1パック 

上白糖       80g 

酒          35cc 

みりん             100cc 

醤油               130cc 

山椒               適量 

白ごま 適量


■作り方 

1.鰊を三枚におろし、軽く塩をする。 

2.鍋にみりん、酒を入れ、強火でアルコールを飛ばす。 

3.上白糖、醤油を入れ、10分くらい煮詰める。

4.テフロンのフライパンで鰊を皮面から焼き、返したらら、③のタレを入れ、山椒を入れる 

5.ほうれん草は茹でて、水気を切り、4cm幅に切り、ごま油で合える 6.皿に盛り、白ごまをかける。

IMG_6434.JPG


今週のレシピはコチラ→ニシン.pdf


魚介 料理レシピ

2015.02.18

今週は「ニシン 」をご紹介

北の大地のうまいを伝えるアサヒスーパードライ、ノース•ガーデン!

今週、注目した北の食材は「ニシン」をご紹介。

 

今日は「ニシン」のスペシャリスト!


小樽にあります北海道ぎょれん 小樽支店 武田健一さんにお話を伺います。

今日ご紹介する「ニシン」の特徴。

小樽、石狩沿岸には産卵する為に、ニシンが来遊してきます。(産卵現象を群来)

産卵間近のため、卵(数の子)は完熟な状態でメスのお腹につまっています。


生産者さんのオススメの食べ方:ウロコをサッと落としてふり塩を施して、数時間寝かせて身を締めてから焼いて食べます。活きがよいものはお刺身。格別です。


購入先:小樽、札幌市内のスーパー、鮮魚店に並んでいるニシンは大方が小樽、石狩で水揚げされたニシンだと思います。店頭の表示を確認してみてください。


今週のうまい食材

2015.02.13

ベビーケールとチキンの味付き生春巻き

今週も北の大地で育った美味しい食材を使って、

ASAHI SUPER DRYに合うお料理をご紹介!

今日の食材「ケール」です。

IMGP3111.JPG

■材料(4本分)

生春巻きの皮・・・4枚

鶏むね肉・・・80g

ベビーケール・・・60g

アボカド(少し硬め)・・・1/2個

大葉・・・4枚

文旦・・・少々

マヨネーズ・・・大さじ4

梅肉(甘め)・・・大さじ1

ナンプラー・・・大さじ1

ラー油・・・お好み


     

■作り方

1、鶏むね肉は80℃に沸かした湯に入れ、保温しながら30分置く。火が通ったら手で細かく

裂く。

2、文旦は皮をむいて小さくちぎり、大葉は千切り、アボカドは薄い半夏切りにする。皮以外の

すべてをボウルに入れよく混ぜる。

3、生春巻きの皮をぬるま湯に通し、柔らかくなったら2の具を皮で包んだら出来上がり。

IMG_6389.JPG

■ポイント

・鶏むね肉の代わりにサーモンや茹でエビを使うのもお勧めです。

・生春巻きの皮は「まだちょっと硬いかな」という位のタイミングで巻いたほうが破れず、きれいにできます。


今日のレシピはコチラ→ケール.pdf


野菜 料理レシピ

ページトップへ